講演会・相談会報告(神戸支部 柴田 文夫)

2015年6月20日(土) 兵庫県民会館9F会議室

 

 丁度1年ぶりの神戸市中央区での開催となった今回の講演会・相談会ですが、多くのお客様のご来場となる大変な盛況ぶりでした。

 

 事前準備として、神戸新聞、読売新聞が当講演会・相談会の告知記事を掲載して頂いたこと。また、告知チラシを制作、ポスティングをはじめ、講演会場である県民会館や市内各所の葺合文化センター、コミスタ神戸等の公共施設のチラシコーナーに設置させて頂いたこと。それに会員HPやSNSに事前告知したことなどが奏功したのではと思われます。

 

内容は、暮松理事長の講演で、相続の基本である法定相続と遺言相続、相続資格のはく奪、特別受益者と寄与分、相続放棄の考え方を中心とした相続の承認、それに遺言書の重要性、遺留分、そして27年1月改正の相続税の改正ポイントと、最後に高齢者対策としての成年後見制度の説明といった、非常に解りやすく、簡潔な内容を2時間の持ち時間を少々オーバーする白熱振りでした。

 

また、お客様からも積極的なご質問を頂き、講演会終了後の個別相談会もNPO会員の行政書士が応対させて頂きました。

 

最後に、今回は兵庫県行政書士会に新規登録された4名の行政書士の方々にもご聴講頂き、好評をいただきました。

 

 ご参加いただきました、お客様各位に感謝申し上げますとともに、今後、相続遺言のことでお知りになりたいことやご相談のおありの時は、会員事務所あてご連絡を賜りますようお願い申し上げます。

 

 本日は誠に有難うございました。




このホームページはJimdoで作成されました

Jimdoなら誰でも簡単にホームページを作成できます。レイアウトを選んだら、あとはクリック&タイプでコンテンツを追加するだけ。しかも無料!
Jimdo jp.jimdo.com であなただけのホームページを作成してください。